水漏れが発生しても慌てず修理しよう

水漏れが発生しても慌てず修理しよう 数ある水のトラブルでも、水漏れはよく起こりやすいトラブルです。トイレから水が漏れているといったことや、蛇口からポタポタ水が落ちているといったトラブルに、誰しも一度は遭遇したことがあるのではないでしょうか。普段は水が出ないところから水が落ちているとびっくりするものです。しかし慌てず落ち着いて対応をするようにしましょう。




■水漏れの場所をチェックする

普段よく使う水回りは、水漏れが突然大量に起こるということはまれです。それよりも少しずつポタポタと水が漏れ始めて、それがだんだん酷くなるということの方が多いものです。そのため、日ごろから水が漏れ始めている場所がないかチェックをすることが大切です。
特に経年劣化するところやホース部からは水漏れしやすいことが特徴です。例えばシャワーのホースやノズル部から水が漏れたり、蛇口がしっかりしまらなくなって、蛇口付近から水が止まらなくなったりすることがあります。どこから水漏れが始まっているか確認したら、原因を確かめるようにします。

■部品の交換か、設備の交換かを選択する
蛇口やホース、シャワーノズルなどは比較的長く使うことが多いので、故障がなければ、ほとんど交換などをしたことないという人も多いでしょう。賃貸などなら元々設置されているものを使用しますし、新築の家でも、トラブルがない限りずっと使い続けるものです。
蛇口はメーカーにもよりますがおよそ10年以上使い続けていると少しずつしまりが悪くなったり、水漏れが起こり始めたりします。ホースなども数年使っていると、材質によってはひび割れが起こったり、水が漏れ始める原因になったりすることがあります。水道 工事を行わなければいけない原因はさまざまです。しかし経年劣化の可能性もあるので、部品交換で済むか、全体的な設備も含めて交換した方が良いのか、業者とも相談して考えましょう。
トイレなどの水漏れが原因でリフォームをしたいと思う場合、新しい型式のトイレが出ているため、自宅に設置することが可能かも確認する必要があります。タンク不要の一体型や、水を流す量を減らしたエコタイプ、ウォッシュレットタイプなどさまざまな選択肢があるので、よく検討をすることが大切です。
部品の交換なら費用はそれほどかかりませんが、設備全体の交換やリフォームになるとある程度の値段がかかります。少し時間をとっていろいろな情報を比較検討することが求められます。

■業者を選ぶ

水道 工事は自分で行えるものではないので、修理業者や施工業者に依頼をすることになります。元々自宅の施工を依頼した業者に聞いて、リフォーム会社や修理業者を探すという方法もありますが、自宅に近いところで電話帳やインターネットサイトの情報を元に探すこともあるでしょう。
高額になるようなら、最低でも2社以上に見積もり依頼をすることが大切です。よくインターネットの広告でと安価な工事価格が出ていることがあります。しかし工事価格に何が含まれているか分からなければ比較はできません。出張費、部品などの費用、工賃などの合計が一式の価格なので、すべての費用が含まれているか確認をしましょう。
価格だけではなく、設置後のアフターサービスについても確認します。リフォームなら工事の不具合を無償で対応してもらえる保証期間が設けられています。設備を制作しているメーカーも保証期間があることが多いので、どこまでサービスが受けられるかも確かめておきます。

■まとめ
水のトラブルは、家の中の水を使っているところならほとんどどこでも起こり得ます。そのため慌てず、よく原因と場所を確かめる必要があります。その後でどこまで修理するかを考えます。年数が経っていないようなら、部品を交換するという方法で済むこともあります。数年から10年以上使っていて交換時なら、いくつかの業者で見積もりをとり、比較検討をしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース