給湯器から水漏れ!どうやって修理する?

毎日使う水まわりの中でも、お風呂で起こる水漏れは早く修理したいものの一つです。特に寒さが厳しい季節は、温かいお風呂がありがたいものとなります。給湯器 水漏れが発生したら、どうすればよいのでしょうか。

■水漏れ箇所はどこかを特定する

まずは水漏れの場所を確かめる必要があります。給湯器を使用しているときに水漏れに気づいたら、電源を切ってから場所を確かめます。
水抜き栓から水が落ちている場合は、正常に作動しているため問題がないと言えます。給湯器の内部の圧力を低めるため、自動的に水抜き栓から水が落ちることがあるので、しばらく様子を見て水が自動的に止まれば故障ではないでしょう。
水抜き栓からの水が止まらない場合は、給湯器本体に原因があると考えられます。修理まで時間がかかるようなら、水の元栓をしめておくようにしましょう。また配管接続部から水が漏れている場合は、パッキンやボルト接続部のゆるみが原因の可能性があります。
電気系統の故障の場合、パネル部にエラー表示の出ていることが多くなります。説明書を確認して、どのエラーが発生しているかチェックし、リセットなど自分でできることを行います。

■修理を依頼する前に

給湯器は自分で修理をすることが難しいため、業者に修理を依頼します。部品の交換で終了する場合もありますが、給湯器全体の交換が必要になるという可能性もあります。複数の業者に確認してどのような修理方法があるか、費用はどれくらいか確認をすることが大切です。
給湯器全体の交換となると費用もかかるため、どんなものと交換するかについては相談が必要です。マンションや集合住宅に住んでいる場合、指定の型式が決められていることも多いので、まず管理会社と連絡を取り相談します。設置場所についても決められていることが多いため、新しい給湯器に交換したいと思っても、自由に何でも選べないこともあるので注意が必要です。
給湯器には屋内設置型と屋外設置型があり、自分の家に設置可能なものの中から、新しい型式のものを選ぶことになります。自宅に設置可能か確認して、選択できるようなら検討をしてみましょう。

■まとめ
給湯器 水漏れは目視できるところから漏れている場合が多いので、まず水漏れ箇所を特定します。そして修理業者に連絡し、相談を行うようにします。全体的な交換か一部分の修理なのかは、使用年数についても考慮して決めます。思い切って給湯器全体を交換するなら、将来的に省エネ効果があるかも確認をしておくことが求められます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ