給湯器から水漏れしている場合の修理ポイント

給湯器から水漏れしたとき、簡単な部品交換で終了することもあれば、修理に時間がかかることもあります。経年劣化により全体を交換した方が良い場合も考えられるでしょう。しかし、事前に使い方のポイントを押さえておけば、より長く、修理不要で利用することができます。

■水漏れで修理を依頼する前に予防する

どんな家電もそうですが、事前にメンテナンスをするかどうかで、故障の度合いも変化してきます。給湯器は屋外に設置されることが多いため、普段はほとんど気にしないものですが、きちんとチェックをすることが求められます。秋や冬のシーズンには、朝や夜に気温がかなり下がる日が増えてきます。給湯器も凍結する恐れがあるので、注意が必要です。
例えば長期間給湯器を使わないときにはこまめに水抜きをしたり、屋外でも屋根付きのところに設置するなどして、給湯器を長く使えるようにします。各給湯器によって手入れの方法は違うため、説明書に記載されている注意事項もよく読むと良いでしょう。

給湯器 修理のポイント

問題が定期的に発生する、水漏れが止まらないという不具合が発生するなら、給湯器 修理を考える必要があります。まず使用年数をチェックします。継続して8年から10年使用しているなら、経年劣化の可能性が高いため、交換も含めていろいろな情報を集めるようにしましょう。修理業者や給湯器を設置してもらった業者に確認して、家電の状態を確認します。
新しい型式でどんなものが販売されているかは、カタログやインターネットサイトからもチェックすることができます。設置費用はやや高額でも、省エネタイプのため、長期間使用するとお得なタイプもあります。自宅にピッタリなのはどんなものか、相談しながら決めていきます。
設置についてはなるべく早く対応してくれる業者を選ぶことが大切です。給湯器の設置は屋外型と屋内型で配管や取り付け方法が異なります。給湯器の販売だけではなく、施工実績が多く、設置も安心して任せられるところを選択しましょう。設置後一定期間、保証やアフターサービスがついているところが多いので、設置後の不具合にも素早く対応してくれるかどうかもポイントになります。

■まとめ
事前に確認することはあまりないかもしれませんが、説明書などから給湯器を長く使うコツを確認します。冬場は水抜きなどの作業も意識して行いましょう。修理は業者と相談しつつ、給湯器全体の交換か部品の取り換えかを選択します。安全に設置できる業者で、アフターサービスも含めて相談に乗ってくれるような、安心できる業者を選びましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ