水漏れの修理で交換が必要な時

家の中で水漏れが起こると、すぐに修理が必要です。しかし修理業者を呼ぶ前に、どこが問題の元か原因をチェックしておくと安心です。部品の交換程度で解決する可能性もあります。経年劣化のため思い切ってリフォームをしたいという場合は、蛇口 交換について考えてみましょう。

■水漏れの原因をチェックする

まず水漏れがどこから起こっているか、落ち着いて確認をしましょう。ポタポタと水が垂れている場所を特定します。蛇口付近やボルトの接続部から水漏れしている場合は、ナットがしっかりしまっていなかったり、部品が劣化していたりすることが考えられます。部品はパッキンやバルブカートリッジなどが劣化することが多いので、その付近を重点的に確認します。
水量が多くなく、修理に時間がかかるようなら、粘着テープでしっかりと配管を補強しておくとよいでしょう。一時的な応急処置になります。水漏れが多い場合は、水の元栓を止めておくようにします。
水漏れは配管や排水管との接続部から発生していることも考えられ、ホースが劣化している可能性もあります。目視できる範囲で場所を特定します。

蛇口 交換を考える

十年以上蛇口を交換していない場合は、経年劣化の可能性が高いといえます。
蛇口は、その用途によってさまざまなものがあります。台所の天板に蛇口を取り付ける穴が開いているものは、ワンホールタイプ、ツーホールタイプがあります。ツーホールタイプはお湯が出る蛇口と水の蛇口、二つが並んでいるタイプです。最近のものは蛇口はワンホールタイプが多く、お湯が出るように調整できる蛇口もあります。取り付けの穴はほとんど規格が決まっていて、その範囲に収まる蛇口の種類も豊富です。蛇口の大きさ、形、用途などから自宅に合うものを選ぶようにしましょう。
ホームセンターなどで実際に見ながら蛇口を探すこともできますが、修理業者に連絡して、取り扱い可能な蛇口の中から選ぶという方法もあります。写真をチェックして考えるなど、いろいろなところから情報を集め、良いものを探してみることが大切です。

■まとめ
蛇口付近で水漏れが起こったら、どこから発生しているかを確かめ、修理依頼を行います。時間がかかるようなら止水栓、元栓といった水漏れの元を止めておくと、節水につながります。
蛇口を交換する場合は、事前にどんなタイプのものと交換できるかを確認します。取り付け可能なものの中から自分たちが使いやすい蛇口を選択しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ